全国医療福祉教育協会HOME > 協会概要 > 全国医療福祉教育協会とは
医療福祉教育

全国医療福祉教育協会とは

日々、変動する医療・福祉の分野において時代の求める人材の育成・認定を行います。
少子高齢社会をむかえるわが国は、医療福祉政策の早急な拡充と施策がなされ、社会全体が医療・福祉従事者を必要とする状況になっています。また、医療関連機関や福祉関連施設はもちろん、他業種にわたっても医療や福祉の知識、技能をもった人材が必要とされる時代へと変化を遂げています。

そこで、「時代の求める人材の育成・認定を行うこと」を目的として、日々変動する医療・福祉関連機関に教育の現場から輩出される人材がきちんと対応できるよう、医療機関事務局、医療系学術機関及び人材紹介業など、多くの賛同を得て、平成15年に「全国医療福祉教育協会」が設立・発足されました。現在、当協会は特定非営利活動法人 職業技能専門教育研究機構の認定を受けております。

当協会は医療関連や福祉関連でのIT化、そしてサービス業として大きく変わりゆく現場に対応した人材を育成し、その能力を認定するために「実務能力認定試験」を実施しております。

これにより、時代の求める人材をより多く輩出し、さらに教育レベル及び現場のヒューマンスキルの向上に全力を尽くしております。また、業界・学術研究や研究発表等の場を設け、広く現場に対しても啓蒙活動を行っております。

医療従事者を目指す学習中の方、さらには現従事者の方に広く当協会の趣旨をご理解いただき、より多くの方が実務能力認定試験に合格され、医療の業界でご活躍いただくことを心よりお祈り申しあげます。