全国医療福祉教育協会HOME > 試験一覧 > 医師事務作業補助者実務能力認定試験
  • 医科2級医療事務
  • 医科2級医療事務
  • 医療事務OA
  • 電子カルテオペレーション
  • 医師事務作業補助者
  • 看護助手
  • 医療事務認定実務者(R)
  • 調剤事務認定実務者(R)

医師事務作業補助者実務能力認定試験とは?

医師の業務負担を軽減するために、医師に代わって事務作業を行なう必要性が高まっています。
この医師事務作業補助者に求められている業務は、医師の指示の下で、診断書や紹介状を記載したり、医師に代わって電子カルテを入力するなど、幅広い専門知識が必要とされるものです。

医師事務作業補助者実務能力認定試験は、医師事務作業補助者に必要な、関連法規、医学知識、個人情報保護法、医療用語、文書作成、電子カルテ等に関する知識、および文書作成能力を客観的に判断するものです。

※診療報酬においても医師事務作業補助者の配置が評価されています。
医師事務作業補助体制加算の施設基準において、医療機関は医師事務作業補助者を新たに配置してから6ヵ月間の研修期間のうち32時間以上の基礎研修を行なうことが定められています。
この試験はその基礎研修として習得が必要な科目に対応しています。

試験のお申し込みはこちら

試験日程

平成29年度
  試験日時 出願期間 合否発表予定日
第1回 平成29年6月18日(日)
10:00〜12:00
平成29年4月3日(月)〜5月16日(火)
受付終了しました。
平成29年7月26日(水)
第2回 平成29年10月1日(日)
10:00〜12:00
平成29年7月18日(火)〜9月5日(火)
受付終了しました。
平成29年11月15日(水)
第3回 平成30年3月18日(日)
10:00〜12:00
平成30年1月4日(木)〜2月13日(火)
受付終了しました。
平成30年5月9日(水)

※平成29年4月1日現在実施されている法令に対応する試験となります。

平成30年度
  試験日時 出願期間 合否発表予定日
第1回 平成30年6月24日(日)
10:00〜12:00
平成30年4月2日(月)〜5月15日(火)
受付終了しました。
平成30年8月1日(水)
第2回 平成30年10月7日(日)
10:00〜12:00
平成30年7月17日(火)〜9月4日(火)
受付終了しました。
平成30年11月14日(水)
第3回 平成31年3月17日(日)
10:00〜12:00
平成31年1月7日(月)〜2月13日(水)
平成31年5月9日(木)

※平成30年4月1日現在実施されている法令に対応する試験となります。

他の試験の日程一覧はこちら

受験概要

試験形式 学科問題(マークシート):20問
実技問題(各種書類作成):3問
試験時間 120分
受験資格 特にありません。どの科目からでも受験できます。
受験料 ■一般受験:7,500円
■団体受験:7,000円
※併願の場合、受験料×試験科目数が受験料総額になります。
持ち込み 参考書、ノート等の資料
出題内容
学科問題 医療関連法規、医療保険制度等、ビジネス文書
医師事務作業補助者、医療安全管理と個人情報の保護
医学・医薬品・臨床検査の知識
診療録、電子カルテシステム、文書作成 :20問
実技問題 SOAP形式の診療録作成(手書き) :1問
各種文書作成(診断書、診療情報提供書、処方せん 等) :2問
合格基準 原則として、正答率6割以上を合格としています。 ただし、問題の難易度等により変動する場合があります。
合格率 おおむね60%から80%

試験会場

主に当協会の認定機関が試験会場となります。最新の認定機関については認定機関一覧ページでご確認ください。
※回によって実施しない科目があります。

一般受験の方は希望受験地を選択し、受験申込ページ、もしくは受験願書の所定の箇所に第2希望までご記入ください。 試験会場の指定や申込後の変更はできません。
なお、ご希望どおりにならない場合もございますので、ご了承願います。
団体受験の方はお申し込みされた認定機関が試験会場となります。ただし、申込者数等により、会場が変更になる場合がございます。

認定機関一覧はこちら

一般受験の試験のお申込みは、インターネットからお申し込みいただくか、願書に必要事項を記入し、ご郵送のうえ、指定された銀行口座への受験料をお振り込みください。
お申し込みと受験料のお振り込みの両方が完了した時点で出願完了となります。
受験申込、もしくは受験料が振り込まれていない場合、受験することができませんので、ご注意ください。

詳細は受験申込から合否発表までの流れをご覧ください。 インターネットからのお申し込みはこちらになります。

試験のお申し込みはこちら

問題例

平成29年度試験として、実際に出題された問題です。

学科
医療関連法規

各医療従事者法について、不適切な記述を選択肢(a・b・c・d)の中から1つ選びなさい。

1.
精神保健福祉士は、精神障害者の社会復帰に関する相談に応じ、助言・指導・日常生活への適応のために必要な訓練その他援助を行う。
2.
薬剤師は、処方せん中に疑わしい点がある場合には、その点について上長又は他の薬剤師に判断を委ね、それに従って調剤する。
3.
保健師は、傷病者の主治医に優先して、療養上の指導を行うことができる。
4.
診療放射線技師は、放射線を人体に対して照射したときは、照射録を作成し、その照射を指示した医師の署名を受けなければならない。

a.(1.2.)  b.(1.4.)  C.(2.3.)  d.(3.4.)

平成29年度第1回試験問題〔正答 c〕

医療保険制度等

以下は、保険医(整形外科専門医)が保険診療として行った行為である。不適切な記述を選択肢(a・b・c・d)の中から1つ選びなさい。

1.
担当患者が、眼科での専門的治療が必要となったため、他の保険医(眼科専門医)への転医をすすめた。
2.
交付した処方せんに関し、保険薬局の薬剤師からの疑義照会があったため、自院の薬剤師に対応を依頼した。
3.
特殊な療法を新しく独自で開発し、患者に施術した。
4.
患者の状態が、医師自身の専門外であり、接骨院での治療が有効であるとの判断となったため、やむを得ずそこでの施術を受けるようにすすめた。

a.(1.2.)  b.(1.4.)  c.(2.3.)  d.(3.4.)

平成29年度第2回試験問題〔正答 c〕

接遇とビジネス文書

ビジネスメールについて、不適切な記述を選択肢(a・b・c・d)の中から1つ選びなさい。

1.
メールの「BCC」は、複数に同じメールを送信するときに、宛先とは別に指定するものであるが、「BCC」で指定されたメールアドレスは、他の受信者には公開されない。
2.
メールは、電子データとして記録に残すことができるため、院外文書の中でも特に重要なものは、極力メールでやり取りしなければならない。
3.
院外メールでは、必ず頭語からはじめ、時候の挨拶を入れる等、作成方法は院外文書に準ずる。
4.
メールの「CC」は、情報共有したい上司や同僚等に同じメールを送信するときに、宛先とは別に指定するもので、「CC」で指定されたメールアドレスは受信者全員に公開される。

a.(1.2.)  b(1.4.)  c.(2.3.)  d.(3.4.)

平成29年度第1回試験問題〔正答 c〕

医師事務作業補助者

医師事務作業補助体制加算を算定する保険医療機関における職員の雇用形態について、 適切な記述を選択肢(a・b・c・d)の中から1つ選びなさい。

1.
医師事務作業補助者は、派遣職員や請負方式でもよい。
2.
医師事務作業補助者として届け出る者は全て、週4日以上常態として勤務し、かつ所定労働時間が週32時間以上でなければならない。
3.
医療従事者として勤務している看護職員は、医師事務作業補助者として届け出ることはできない。
4.
医師事務作業補助者の業務を管理・改善するために配置される責任者は、医師事務作業補助者以外の職員で、常勤の者でなければならない。

a.(1.2.)  b.(1.3.)  c.(2.4.)  d.(3.4.)

平成29年度第2回試験問題〔正答 d〕

医療安全管理と個人情報の保護

電子データを保護するために医療機関がとるべき対策として、適切なものを選択肢(a・b・c・d)の中から1つ選びなさい。

1.
個人情報保護委員会を設置する。
2.
全職員に対して、個人情報の保護について啓蒙する。
3.
サーバールーム等を全職員に解放する。
4.
電子データへのアクセスを全職員に許可する。

a.(1.2.)  b.(1.4.)  c.(2.3.)  d.(3.4.)

平成29年度第2回試験問題〔正答 a〕

医学・医薬品・臨床検査の知識

症状用語について、適切な記述を選択肢(a・b・c・d)の中から1つ選びなさい。

1.
放散痛とは、一定の時間をおいて周期的に現れることの多い腹部の激痛のことである。
2.
徐脈とは、脈が異常に早くなった状態のことで、甲状腺機能亢進症等に診られる。
3.
脳圧亢進とは、脳浮腫等の鯨飲により頭蓋内の圧力が高まり、頭痛や嘔吐等の症状が現れることである。
4.
嚥下困難とは、食べ物が飲み込みにくくなる状態のことで、食道癌等に診られる。

a.(1.2.)  b.(1.3.)  c.(2.4.)  d.(3.4.)

平成29年度第1回試験問題〔正答 d〕

診療記録と電子カルテシステム

POMRの作成手順として、適切なものを選択肢(a・b・c・d)の中から1つ選びなさい。

1.
基礎データ収集 → 問題リスト作成 → 初期計画立案 → 経過記録
2.
初期計画立案 → 問題リスト作成 → 基礎データ収集 → 経過記録
3.
問題リスト作成 → 基礎データ収集 → 初期計画立案 → 経過記録
4.
基礎データ収集 → 初期計画立案 → 問題リスト作成 → 経過記録

a.(1.)  b.(2.)  c.(3.)  d.(4.)

平成29年度第3回試験問題〔正答 a〕

文書作成

「治ゆ又は治ゆ見込み年月日」「既往症及び既存障害」「後遺障害の有無」等を記載し証明する書類として、適切なものを選択肢(a・b・c・d)の中から1つ選びなさい。

1.
退院証明書
2.
臨床調査個人票
3.
自賠責保険診断書
4.
医療要否意見書

a.(1.)  b.(2.)  c.(3.)  d.(4.)

平成29年度第3回試験問題〔正答 c〕

公式教材

・医師事務作業補助者実務能力認定試験公式テキストT(全国医療福祉教育協会) 2,160円(税込)
・医師事務作業補助者実務能力認定試験公式テキストU(全国医療福祉教育協会) 2,160円(税込)
・医師事務作業補助者実務能力認定試験公式テキストV(全国医療福祉教育協会) 2,160円(税込)
・初級者のための医療事務BASIC問題集2018(医学通信社) 2,160円(税込)
詳細はこちら

出題範囲解説

学科

医療関連法規

医療と法
医療機関と法
医療関連職種と法
保険医療機関及び保険医療養担当規則

医療保険制度等

医療保険制度の概要
医療保険関係法
労働者災害補償保険法
自動車損害賠償保障法
公衆衛生・予防衛生関係法
社会福祉関係法
介護保険法

ビジネス文書

院内文書と院外文書
ビジネスメール

医学・医薬品・臨床検査の知識

解剖図、感染症、新生物、血液疾患・免疫疾患、内分泌・代謝疾患、精神障害、神経系疾患、目・耳の疾患、循環器疾患、呼吸器疾患、消化器疾患、皮膚・筋骨格系の疾患、泌尿器・生殖器疾患、周産期疾患と先天性疾患、外因性傷害
医薬品とは、医薬品の名前、薬理作用、薬の副作用、薬の用い方・飲み方
臨床検査とは、検査成績の読み方、検査の流れ、一般検査、臨床化学検査、生理機能検査、主要な検査項目の機能

医師事務作業補助者

医師事務作業補助者とは
医師事務作業補助体制加算
医師事務作業補助者の業務

医療安全管理と個人情報の保護

医療機関の安全管理とは
安全確保のための方策
個人情報の保護と守秘義務
個人情報とカルテ

診療記録と電子カルテシステム

診療録
問題志向型診療録
インフォームド・コンセント
電子カルテシステム
電子保存の3原則
医療情報システム

文書作成

SOAP形式の診療録(手書き)
診療情報提供書
一般用診断書
処方箋
生保会社提出用診断書
主治医意見書
その他の書式例
実技
・SOAP形式の診療録作成(手書き)
・各種文書作成(診断書、診療情報提供書、処方せん等)

試験のお申込みは、インターネットからお申し込みいただくか、願書に必要事項を記入し、ご郵送のうえ、指定された銀行口座への受験料をお振り込みください。
お申し込みと受験料のお振り込みの両方が完了した時点で出願完了となります。
受験申込、もしくは受験料が振り込まれていない場合、受験することができませんので、ご注意ください。

詳細は受験申込から合否発表までの流れをご覧ください。 インターネットからのお申し込みはこちらになります。

試験のお申し込みはこちら