全国医療福祉教育協会HOME > 試験一覧 > 医科2級医療事務実務能力認定試験
  • 医科2級医療事務
  • 医科2級医療事務
  • 医療事務OA
  • 電子カルテオペレーション
  • 医師事務作業補助者
  • 看護助手

医科2級医療事務実務能力認定試験とは?

現行の医療保険制度において診療報酬請求事務従事者は、医療保険制度、診療報酬支払制度に精通していることが求められています。
診療報酬算定や請求業務は、医療機関において収入に直結する重要な業務です。
最近では診療報酬明細書(レセプト)の開示の動きも活発になっており、医療費へのコスト意識が高まっていると言えます。
そのような中で診療報酬請求の誤算定があってはならず、より精度の高い請求実務能力が必要とされています。

医科2級医療事務実務能力認定試験は、診療報酬明細書作成技能を含む診療報酬に関する知識、医療関連法規に関する知識を客観的に判断するものです。

試験のお申し込みはこちら

試験日程

平成28年度
  試験日時 出願期間 合否発表
第1回 平成28年6月12日(日)
10:00〜12:00
平成28年4月4日(月)〜5月16日(月)
受付終了しました。
平成28年7月27日(水)
第2回 平成28年11月13日(日)
10:00〜12:00
平成28年9月5日(月)〜10月17日(月)
平成29年1月12日(木)
第3回 平成29年3月12日(日)
10:00〜12:00
平成29年1月4日(水)〜2月13日(月) 平成29年5月10日(水)

※平成28年4月1日現在実施されている法令に対応する試験となります。

平成27年度
  試験日時 出願期間 合否発表
第3回 平成28年3月13日(日)
10:00〜12:00
平成28年1月4日(月)〜2月15日(月)
受付終了しました。
平成28年5月9日(月)

※平成27年4月1日現在実施されている法令に対応する試験となります。

他の試験の日程一覧はこちら

受験概要

試験形式 学科問題(マークシート):20問
実技問題(診療報酬明細書作成):2問
試験時間 120分
受験資格 特にありません。どの科目からでも受験できます。
受験料 ■一般受験:7,500円
■団体受験:7,000円
※併願の場合、受験料×試験科目数が受験料総額になります。
持ち込み 医科点数表・参考書・ノート等の資料・電卓
出題内容
学科問題 医療関連法規に関する知識:10問
診療報酬請求に関する知識:10問
実技問題 診療報酬明細書作成:2問
※外来1問・入院1問
合格基準 原則として、正答率6割以上を合格としています。 ただし、問題の難易度により変動します。
合格率 おおむね60%から80%

試験会場

当協会の認定機関が試験会場となります。最新の認定機関については試験会場一覧ページでご確認ください。
※回によって実施しない科目があります。

一般受験の方は希望受験地を選択し、受験申込ページ、もしくは受験願書の所定の箇所に第2希望までご記入ください。 試験会場の指定や申込後の変更はできません。
なお、ご希望どおりにならない場合もございますので、ご了承願います。
団体受験の方はお申し込みされた認定機関が試験会場となります。ただし、申込者数等により、会場が変更になる場合がございます。

試験会場一覧はこちら

一般受験の試験のお申込みは、インターネットからお申し込みいただくか、願書に必要事項を記入し、ご郵送のうえ、指定された銀行口座への受験料をお振り込みください。
お申し込みと受験料のお振り込みの両方が完了した時点で出願完了となります。
受験申込、もしくは受験料が振り込まれていない場合、受験することができませんので、ご注意ください。

詳細は受験申込から合否発表までの流れをご覧ください。 インターネットからのお申し込みはこちらになります。

試験のお申し込みはこちら

問題例

平成27年度試験として、実際に出題された問題です。

学科
医療関連法規に関する知識

新医薬品について、正しいものを次の中から1つ選びなさい。

a.
薬価基準収載日の属する月の翌月の初日から起算して1年を経過していないものは、原則として7日分を限度として投与する。
b.
薬価基準収載日の属する月の翌月の初日から起算して1年を経過していないものは、原則として14日分を限度として投与する。
c.
薬価基準収載日の属する月の翌月の初日から起算して1年を経過していないものは、原則として30日分を限度として投与する。
d.
薬価基準収載日の属する月の翌月の初日から起算して1年を経過していないものは、原則として90日分を限度として投与する。

平成27年度第2回試験問題 [正答 b]

診療報酬請求に関する知識

初・再診料について、誤っているものを次の中から1つ選びなさい。

a.
夜間・早朝等加算は、往診料を算定した場合にも合わせて算定できる。
b.
やむを得ない事情で看護に当たっている者から症状を聞いて薬剤を投与した場合においても、再診料は算定できるが、外来管理加算は算定できない。
c.
健康診断により疾患が発見され、疾患を発見した保険医による治療が開始された場合には、初診料は算定できない。
d.
時間外特例医療機関においては、深夜加算に該当する場合であっても、時間外加算の特例を算定する。

平成27年度第2回試験問題 [正答 d]

公式教材

・初級者のための医療事務BASIC問題集2016(医学通信社) 2,160円(税込)
詳細はこちら

推奨書籍

・診療点数早見表(医学通信社) 4,860円(税込)
・レセプト作成テキストブック(社会保険研究所) 3,672円(税込)
・保険診療基本法令テキストブック(社会保険研究所) 2,268円(税込)
・図解 からだのしくみ大全(永岡書店) 1,620円(税込)

出題範囲解説

学科
医療関連法規に関する知識
1.医療保険制度
被用者保険、国民健康保険、退職者医療、後期高齢者医療などについて、それぞれの保険者、法別番号、加入者、給付率等、制度の概要についての知識
療養の給付の内容、現物給付および療養費についての知識と、給付対象外とされるものや給付制限がされるものについての知識

2.保険医療機関等
・保険医療機関の指定および保険医の登録についての知識
・特定機能病院、地域医療支援病院の規定と保険医療の取り扱いについての知識

3.療養担当規則
・保険診療を行うにあたっての保険医療機関の責務と保険医の診療方針等の内容についての知識
・保険外併用療養費に係る療養の対象となる評価療養・選定療養についての知識

4.公費負担医療制度
制度の目的、概要、対象者や対象疾病、制度ごとの申請先や医療保険との関連と一部負担金についての知識

5.医療関係法規
医療法による医療施設(病院、診療所等)の定義、開設、管理、施設等の基準についての知識
医師法をはじめとする、各医療関係者に関する法律の知識、また、医療機関の従事者の種類とその業務についての知識

6.介護保険制度
・保険者、被保険者、給付の内容等制度の概要についての知識
・介護保険法に基づくサービス提供や請求、支払いのしくみについての知識
診療報酬請求に関する知識

1.診療報酬請求
・保険診療のしくみと請求先、請求方法についての知識

実技
外来
1. 平均的な外来診療例(在宅医療を含む)から、診療報酬明細書を作成する。
2. 医療保険制度の概要および診療報酬制度のしくみを理解し、頭書きが正しく記載できる。
3. 診療報酬明細書作成を行うために必要な傷病名、 検査法、医薬品等の用語およびその略語の主なものを理解している。
4. 点数算定ついて、基本的な計算が正しくできる。
5. 診療報酬点数表の各項目の告示や通則の基本的な知識がある。
6. 時間外等の加算が正しく算定できる。
7. 小児に関する加算が正しく算定できる。
8. 診療報酬明細書の記載要領について、基本的な知識があり、摘要欄記載が必要な診療行為を理解している。

入院
1.平均的な入院診療例から、診療報酬明細書を作成する。
2.医療保険制度の概要および診療報酬制度のしくみを理解し、頭書きが正しく記載できる。
3.入院料の算定及び入院加算の算定を正確に算定できる。
4. 診療報酬明細書作成を行うために必要な傷病名、検査法、医薬品等の用語およびその略語の主なものを理解している。
5.点数算定ついて、基本的な計算が正しくできる。
6.診療報酬点数表の各項目の告示や通則の基本的な知識がある。
7.時間外等の加算が正しく算定できる。
8.小児に関する加算が正しく算定できる。
9.診療報酬明細書の記載要領について、基本的な知識があり、摘要欄記載が必要な診療行為を理解している。

試験のお申込みは、インターネットからお申し込みいただくか、願書に必要事項を記入し、ご郵送のうえ、指定された銀行口座への受験料をお振り込みください。
お申し込みと受験料のお振り込みの両方が完了した時点で出願完了となります。
受験申込、もしくは受験料が振り込まれていない場合、受験することができませんので、ご注意ください。

詳細は受験申込から合否発表までの流れをご覧ください。 インターネットからのお申し込みはこちらになります。

試験のお申し込みはこちら