• 医科2級医療事務
  • 医科2級医療事務
  • 医療事務OA
  • 電子カルテオペレーション
  • 医師事務作業補助者
  • 看護助手

医療事務OA実務能力認定試験とは?

医療の現場では、さまざまな資格を持つ専門職の方達が集まって働いています。これら多種多様な職種の方が共同で業務を進める必要があります。特に専門性が高くなり、業務の細分化が進んでいる、今の医療状況を支えるのが「医療のIT化」です。
診療を受けに来られた患者様の窓口会計業務や診療報酬明細書(レセプト)の出力についてはコンピュータを使用することが一般的になりつつあります。
厚生労働省においても、レセプト請求の電算化を平成17年4月から積極的に推進しており、遅くとも平成23年にはレセプト請求の電算化が義務となります。
つまり、今後の医療事務のスキルとしてレセプト作成・請求において、医療事務OA操作スキルは必要不可欠なものになっています。

医療事務OA実務能力認定試験は、教育用医療事務ソフトとしては、国内で最も普及している「医事NaviV」を使用して、医療事務知識や医療事務コンピュータにおける基礎知識はもちろんのこと、コンピュータの実務に必要なオペレーションスキルを客観的に判断するものです。

試験のお申し込みはこちら

試験日程

平成26年度
  試験日時 出願期間 合否発表
第1回 平成26年8月24日(日)
10:00〜11:30
平成26年6月16日(月)
〜7月28日(月)
平成26年10月8日(水)
第2回 平成26年11月24日(祝・月)
10:00〜11:30
平成26年9月8日(月)〜
10月20日(月)
平成27年1月7日(水)
第3回 平成27年3月21日(祝・土)
10:00〜11:30
平成27年1月5日(月)〜
2月16日(月)
平成27年5月11日(月)

※平成26年4月1日現在実施されている法令に対応する試験となります。
※会場によっては、受験者が多い場合、上記の時間に加え、他の時間でも実施することがございます。

平成25年度
  試験日時 出願期間 合否発表
第1回 平成25年8月25日(日)
10:00〜11:30
平成25年6月17日(月)〜
7月29日(月)
申込受付終了しました。
平成25年10月9日(水)
第2回 平成25年11月23日(祝・土)
10:00〜11:30
平成25年9月9日(月)〜
10月21日(月)
申込受付終了しました。
平成26年1月8日(水)
第3回 平成26年3月21日(祝・金)
10:00〜11:30
平成26年1月6日(月)〜
2月17日(月)
申込受付終了しました。
平成26年5月9日(金)

※平成25年4月1日現在実施されている法令に対応する試験となります。
※会場によっては、受験者が多い場合、上記の時間に加え、他の時間でも実施することがございます。

他の試験の日程一覧はこちら

受験概要

試験形式 学科問題(マークシート):10問
実技問題(ソフトによる診療報酬明細書作成・出力) :2問
試験時間 90分(学科30分/実技60分)
受験資格 特にありません。どの科目からでも受験できます。
受験料 ■一般受験:7,500円
■団体受験:7,000円
※併願の場合、受験料×試験科目数が受験料総額になります。
持ち込み 医科点数表・電卓
出題内容
学科問題 医療保険制度、診療報酬請求に関する基礎知識
医療事務コンピュータにおける基礎知識
合計:10問
実技問題 教育用医療事務ソフト「医事NaviV」を使用した診療報酬明細書(レセプト)作成・出力:2問
※外来1問・入院1問
合格率 おおむね60%から80%

試験会場

当協会の認定機関が試験会場となります。最新の認定機関については試験会場一覧ページでご確認ください。
※回によって実施しない科目があります。

一般受験の方は希望受験地を選択し、受験申込ページ、もしくは受験願書の所定の箇所に第2希望までご記入ください。 試験会場の指定や申込後の変更はできません。
なお、ご希望どおりにならない場合もございますので、ご了承願います。
団体受験の方はお申し込みされた認定機関が試験会場となります。ただし、申込者数等により、会場が変更になる場合がございます。

試験会場一覧はこちら

一般受験の試験のお申込みは、インターネットからお申し込みいただくか、願書に必要事項を記入し、ご郵送のうえ、指定された銀行口座への受験料をお振り込みください。
お申し込みと受験料のお振り込みの両方が完了した時点で出願完了となります。
受験申込、もしくは受験料が振り込まれていない場合、受験することができませんので、ご注意ください。

詳細は受験申込から合否発表までの流れをご覧ください。 インターネットからのお申し込みはこちらになります。

試験のお申し込みはこちら

問題例

平成25年4月現在の法令による問題です。

学科

次の診療内容が再診時に行われた場合、外来管理加算が算定できないものを1つ選びなさい。

a.
負荷心電図12誘導、静脈内注射
b.
内服薬の処方、眼処置
c.
浣腸、末梢血液一般
d.
特定疾患療養管理料、院外処方

平成25年度第2回試験問題[正答 b]

次の生体検査のうち、年齢加算の対象でないものを1つ選びなさい。

a.
呼吸心拍監視
b.
心電図12誘導
c.
フローボリュームカーブ
d.
超音波検査

平成25年度第2回試験問題 [正答 a]

試験で使用する医療事務ソフトについて

この試験で使用する医療事務ソフト「医事NaviV」は、医療事務の実務に即した操作性を持ち、多くの教育機関で導入されている標準的なソフトです。
医療事務の現場の業務に関する豊富なデータを元に開発されています。
操作には、医療保険請求事務の知識等が必要になります。

医事NaviV 操作画面

公式教材

・初級者のための医療事務BASIC問題集2014(医学通信社) 2,160円(税込)
詳細はこちら

出題範囲解説

学科
1.医療保険制度、診療報酬請求に関する基礎知識
被用者保険、国民健康保険、退職者医療、後期高齢者医療などについて、それぞれの保険者、法別番号、加入者、給付率等、制度の概要について
診療時間以外における加算、年齢による加算について
医学管理等の算定対象の疾患、算定条件について
外来診療料、外来管理加算、外来迅速検体検査加算について
外来においてのみ算定できる処置、検査について
同一月、同一日における重複算定項目について

2.医療事務コンピュータにおける基礎知識
・コンピュータの各装置の名称及び役割について
・記憶媒体の種類と機能について
・情報処理用語について
・コンピュータ操作の一般的知識について
実技
1.基本設定・病名登録
・基本設定項目(医療機関種別、外来・入院の区分等)の入力
・患者情報(氏名、生年月日、保険情報等)の入力
・傷病名情報(傷病名、主病、特定疾患、開始日等)の入力

2.初診・再診〜注射の入力
・診療日付の入力
・初診料の入力
・再診料、外来管理加算の入力
・初診・再診料における乳幼児加算の入力、時間外加算等の入力
・医学管理料の入力
・内服薬の入力(薬剤名、1日当りの量、投与日数)
・屯服薬の入力(薬剤名、1回当りの量、投与回数)
・外用薬の入力(薬剤名、1調剤当りの量)
・調剤料、処方料、調基等の入力
・皮内、皮下及び筋肉内注射
・静脈内注射の入力
・点滴注射の入力
・関節腔内注射等のその他の注射の入力

3.在宅〜処置の入力
・往診料の入力
・在宅患者診療・指導料の入力
・在宅療養指導管理料・在宅療養指導管理材料加算の入力
・処置料(処置料・薬剤料等)の入力

4.手術〜検査入力
・ 手術料(手術料、手術日等)の入力
・輸血料(輸血手技料、血液代等)の入力
・麻酔料(麻酔手技料、薬剤料、酸素代等)の入力
・検体検査料の入力
・生体検査料の入力
・病理診断料の入力
・判断料、診断穿刺・検体採取料の入力
・各加算項目(時間外緊急院内検査加算、外来迅速検体検査加算等)の入力

5.画像診断入力
・透視診断料の入力
・エックス線診断料(単純撮影、造影剤使用撮影、特殊撮影、乳房撮影等)の入力
・コンピュータ断層撮影診断料の入力
・各加算項目(時間外緊急院内画像診断加算、画像診断管理加算等)の入力

6.入院料の入力
・入院基本情報(入院基本料、入院基本料等加算、食事療養費)の入力
・ 入院情報(入退院日、食事、外泊等)の入力
・入院診療内容の入力

7.その他
・コメントの入力
・レセプト表示・印刷

試験のお申込みは、インターネットからお申し込みいただくか、願書に必要事項を記入し、ご郵送のうえ、指定された銀行口座への受験料をお振り込みください。
お申し込みと受験料のお振り込みの両方が完了した時点で出願完了となります。
受験申込、もしくは受験料が振り込まれていない場合、受験することができませんので、ご注意ください。

詳細は受験申込から合否発表までの流れをご覧ください。 インターネットからのお申し込みはこちらになります。

試験のお申し込みはこちら