全国医療福祉教育協会HOME > 試験概要 > 認定機関の方の声
  • 医科2級医療事務
  • 医科2級医療事務
  • 医療事務OA
  • 電子カルテオペレーション
  • 医師事務作業補助者
  • 看護助手
  • 医療事務認定実務者(R)

認定機関の方の声

認定機関からの声をご紹介します。

ヒューマンアカデミー株式会社
http://haa.athuman.com/
社会人教育事業部

ヒューマンアカデミーは、実務能力認定試験がスタートした平成15年から認定機関として、医療事務、医療秘書の試験に対応した講座を開講しております。また、平成18年からは新たにスタートした医療事務OA、および電子カルテオペレーションについてもいち早く取り組みを始めており、全国約30の校舎で医療ITの授業を展開しております。また、 医師事務作業補助者実務能力認定試験に対応する講座も開講しております。
少人数制のクラスと担任制の授業により毎回高い合格実績をあげております。
通信講座も準備しており、授業の日程の合わない方や、校舎まで通学できない方などを中心にご利用いただいております。

全国医療福祉教育協会の実務能力認定試験は、診療報酬明細書作成(外来・入院)、法規、医学、接遇、ITスキルなど、医療現場の求める人材像を研究して開発され、また、特定非営利活動法人 職業技能専門教育研究機構の認定を得ているため、大変信頼できる内容です。医療業界をめざす方はぜひ受験いただきたい認定試験です。

大阪バイオメディカル専門学校
http://www.obm.ac.jp/
医療事務総合学科

大阪バイオメディカル専門学校は、日々めまぐるしい進化を続けるバイオ業界と、急速にニーズが高まっている医療・福祉業界で即戦力となる人材を育てる専門学校です。
医療事務・医療秘書のスペシャリストを育てる医療事務総合学科では、少人数制クラスで徹底した個別指導を行うことで、2009年度卒業生から3年連続で100%の就職実績をあげています。

就職率を支える重要な要素となるのはやはり資格です。
中でも医療事務OA実務能力認定試験、電子カルテオペレーション実務能力認定試験の2つの検定は、全学生必須受験の検定と位置付け、全員合格をめざして指導を行っております。
また、近年、就職先医療機関でニーズの高まっている医師事務作業補助者実務能力認定試験についても、受験を推進しています。
いずれの試験も実際の医療機関での実務に即した検定内容で、就職していく学生たちにとっても就職先医療機関にとっても意義の高い資格と考えており、今後もますます重視して指導を行います。

IWAD環境福祉専門学校
http://www.iwad.ac.jp/

IWAD環境福祉専門学校は、「人間性」「希望」「個性」「未来」の4つを基本原則とし、『人間性・個性を大切にし、人の持つ可能性を引き出し、豊かな人生を一人ひとりが送ることができるような基礎教育を行う』ことを基本方針としている学校です。
IWADの学科は全部で4学科あります。少人数制クラスで徹底した個別指導を行うことで、毎年100%の就職率となっております。
IWADでは、看護助手実務能力認定試験の検定を付帯授業として行っております。
中・四国では初めてであり、ぜひ皆様が全員合格となりますよう講座を開講して指導を行っております。 IWADでは、園芸療法士として、高齢者や障がいのある方などのリハビリ・治療をサポートする学科や、介護福祉士を目指す学科などもありますので、現場の即戦力に少しでもなれるような人材育成を目指しております。